FC2ブログ

エコ・楽器・工作・おはなし・自遊帳

お金をかけずに簡単に、作って遊んで楽しめる、安上がりなアイデアを、つれづれなるまま書き散らします。

ぐるぐるぐる鈴

ぐるぐるぐる鈴 演奏風景スプリング状に巻いた針金を、キャップたちがグルグル回りながら、シャラシャラ音をたてて落ちてくる楽器です。
鈴木キヨシ著「音おん楽らく本ぼん」(生活ジャーナル)の中のスプリングタンバリンを、先日のアースデイ中津用にアレンジしたものです。
スプリングタンバリンでは、王冠が使われているのですが、王冠は家庭ではなかなか集められないのでね。



【材料】
ぐるぐるぐる鈴 材料針金・・・60㎝くらい
 今回は太さ0.9㎜のものを使用

キャップ・・・5個
 金属の物が2個以上あるとシャラシャラ音がよく出る。
 二重ぶたになっているものは不向きです。

針金の端の始末用のキャップ・・・4個

  



【作り方】
ぐるぐるぐる鈴 作り方 1
音用のキャップの真ん中に
直径3~5㎜程度の穴をあける。

ちなみに私は、金属の物は太めのくぎで
ペットボトルのキャップは、めうちとハサミであけています。(キリは時間がかかるので。電動ドリルがあればいいのだけどね。)






ぐるぐるぐる鈴 作り方 2
60㎝に切った針金を
太さ1㎝くらいの棒に巻き付けていく。
私は、菜箸を使っているが、鉛筆やペンでもよい。






巻き終わったら、両手で引っ張って40~50㎝に伸ばす。
ぐるぐるぐる鈴 作り方 3

端の始末用のキャップに穴をあけ、針金の端を通して内側で抜けないようにねじって、キャップをかぶせてビニールテープでとめる。
ぐるぐるぐる鈴 作り方 4ぐるぐるぐる鈴 作り方 5ぐるぐるぐる鈴 作り方 6
針金のもう一方の端から、音用の穴をあけたキャップを通していき、
ぐるぐるぐる鈴 作り方 7 

ぐるぐるぐる鈴 作り方 8
最後に、
端の始末用のキャップを通して、
針金をねじって
ふたをしたら、









できあがり!
ぐるぐるぐる鈴 できあがり

端の始末は、ビニールコーティングされた針金なら、折り曲げるだけでいいかも。
ぐるぐるぐる鈴 端の始末

【音の鳴らし方】
ぐるぐるぐる鈴 演奏風景
まずは、キャップがグルグル落ちてくるのを楽しもう。

あとは、上にした手で揺らしながらアクセントをつけたり、
横にして振ったり、回したり、

危なくないように楽しんでもらえれば
いいかな。










では、下の3本の三重奏をお聴きください!
一番下のものは、ペットボトルのキャップとプルタブを使っています。
ぐるぐるぐる鈴 3本
♪【ぐるぐるぐる鈴 3重奏】♪
今年のアースデイ中津のテーマ「ぐるぐる地球はめぐる」に、勝手に曲をつけました。音程が悪くてごめんなさい(笑)
スポンサーサイト
  1. 2018/06/07(木) 11:24:54|
  2. 打つ楽器・振る楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

まとめ