エコ・楽器・工作・おはなし・自遊帳

お金をかけずに簡単に、作って遊んで楽しめる、安上がりなアイデアを、つれづれなるまま書き散らします。

牛乳パックのアヒル笛

アヒル笛アヒルの鳴き声のような音の出る笛です。
東京の青山にあったこども城で飯田茂樹氏に教えてもらった「鴨を呼ぶ笛」を牛乳パックで作りました。
「鴨を呼ぶ笛」の作り方は→こちら
前に紹介したジャングル☆サックスと原理は同じです。

【材料】
アヒル笛 材料
水風船 1個
牛乳パック
   6㎝×10㎝ほど
折り目の部分を利用すると作りやすい









【作り方】
アヒル笛 作り方1
パックの折り目をたたんで
真ん中あたりで






アヒル笛 作り方2
三角に切り込んで
四角い穴をあける。






アヒル笛 作り方3
広げて、
パックを三つ折りして、





アヒル笛 作り方4




アヒル笛 作り方5
セロハンテープでとめる。





アヒル笛 作り方6
四角い穴に近い方の端を
ビニールテープで
ふさぐ。


アヒル笛 作り方7

空気がもれないように
しっかりふさいでおく。




アヒル笛 作り方8

アヒル笛 作り方9
水風船の一番太い部分を
幅2㎝位に切り取って、



アヒル笛 作り方10
箸を差し込んで広げて、




四角い穴の上にかぶせる。
アヒル笛 作り方11
アヒル笛 作り方12
かぶせた風船の端を
ビニールテープでとめる。
(左の写真では赤のビニテ)

アヒル笛 作り方13 できあがり
吹き口にビニールテープを巻いたら
(左の写真では緑のビニテ)
できあがり!


では、鳴らしてみよう!
アヒル笛演奏風景
音はこんな感じ!
♪【アヒル笛の音】♪





水風船ではなくて、普通の風船で作る場合は、
アヒル笛 (四角い風船片で作る)1.5㎝×3㎝位に切り取った風船片を四角い穴の上に左の写真のようにとりつけるとよい。


スポンサーサイト
  1. 2018/03/13(火) 00:23:11|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おばけの笛

おばけの笛いつの間にか、ハロウィンが季節の行事に仲間入り??・・・したみたいですね。
ハロウィンが何なのか、よくわかっていない私ですが、おばけの笛を作ってみました。
何のことはない。よくある空き缶の笛に牛乳パックで作った筒をスライドさせるだけの簡単な笛です。
吹き口の部分だけ、私のオリジナルの工夫です。



【材料】
お化けの笛 材料空き缶・・・1個
今回は350mlのアルミ缶を使ったが、大きさは問わない。
大きいと低い音、小さいと高い音が出るが、小さい缶の方が音が出しやすい。
スチール缶でもよいが、アルミの方が穴があけやすい。

1000mlの牛乳パック・・・1枚



【作り方】
お化けの笛 作り方1缶の、上から3㎝くらいから真ん中あたりにかけて、穴を4~5個あける。
真っすぐ下に並べてあけるのは難しいので、左右にずらしてあけていくとよい。
写真はめうちを使ってあけているが、千枚通しやキリであけてから丸箸で穴を大きくしてもよい。
写真の穴の大きさは直径6㎜くらい。
穴はたくさんあけるほど音が高くなるが、だんだん音が出にくくなる。
このあたりはいろいろ試してみて!
失敗したと思ったら、穴をテープでふさげばよいから。






牛乳パックから、7㎝×8.5㎝の大きさの紙片を切り取り、
端から2cmのところに3.5㎝の切り込みを入れ、斜線の部分(1㎝×2㎝の部分)を切り取る。
もう一方の端から2cmのところには折り目の印(点線の部分)をつけておく。
お化けの笛 作り方2

お化けの笛 作り方3
切り取った牛乳パックの点線の部分を折って、


そこから巻くように、




お化けの笛 作り方4
くるくる折っていって、





1㎝幅で切り取った部分(ここにプルタブを差し込む)にそって、ビニールテープを貼って固定する。
お化けの笛 作り方5
このときギュッときつくとめないで、プルタブが入るすき間があるように固定しておく。




お化けの笛 作り方6
3.5㎝の切り込みを入れた部分をおこして、
息の吹き込み口をビニールテープで固定する。
これで、吹き口のできあがり。




お化けの笛 作り方7
吹き口の1㎝幅で切り取った部分にプルタブを差し込む。













お化けの笛 作り方8
プルタブの根元まで差し込んだら、
3.5㎝の切り込みを入れた部分を下げて





お化けの笛 作り方9
吹いてみて、
吹き口の角度を調節して






お化けの笛 作り方10
音がよく鳴った位置で固定する。
これで笛本体はできあがり。
穴の部分を指でおさえて音程を変えることも可能です。

でも今回はスライド笛にして
おばけの音を楽しみます!




牛乳パックの半分(350mの缶の場合パック上部の部分も必要)に、おばけの絵を描いて、パックに丸めぐせをつけてから、
お化けの笛 作り方11お化けの笛 作り方12
缶に巻いて、まず一か所だけテープでとめて、
お化けの笛 作り方13
牛乳パックの筒がなめらかに動くことを確認したら、きれいにテープをはって
おばけの笛

できあがり!

外側の筒の部分、私はリサイクルにこだわって牛乳パックを使いましたが、画用紙の方が作りやすく、滑りがよいかもしれません。
色もいろいろ楽しめるしね。











では、吹いてみよう!
お化けの笛 演奏風景
もともと「ふくろう笛」と呼んでいた笛なので、「ホーホー」とふくろうの鳴き声のようなやわらかい息で吹きます。強く吹くと上手くなりません。
筒をスライドさせるときは、缶の上部を片手でしっかり持って、筒の下の部分もう一方の手で動かします。
350mlの缶は小さい子には太すぎるかもです。

では、「おばけの合唱」を聴いてください。
♪【お化けの笛の音】♪
ひとりでは合唱になりませんが、大勢でやったらおもしろいかも。

  1. 2017/10/23(月) 15:48:46|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストローのパンフルート(唄口ガイド付き)

ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) できあがりストローで作るパンフルートは、長さで音が決まるので、比較的簡単に作れますが、演奏するのが難しいですよね。→参考新・ストローパンパイプ
そこで、作るのは、ちょっと大変かもしれませんが、簡単に音が出るように唄口ガイドをつけて、吹けば鳴るように工夫してみました。

【材料】
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 材料Ф6㎜のストロー 6~7本

割りばし 1膳

クリップ 3本

1ℓの牛乳パック 半枚



【作り方】
①牛乳パックを下のような大きさに切り取り、パックの折り目から、3㎝、3.5㎝のところにボールペン等で、強めに線を引く。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方1

②ストローを取り付ける位置の印を付ける。折り目の5㎜上の線は、吹き口のストローを付ける位置。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方2折り目の2㎜下の線は、各音のストローを付ける位置。端から1㎝、5㎜、1㎝、5㎜~と付けた印の5㎜の所が各音のストローの取り付け位置となる。





③①で付けた線で山折りし、
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方3
両面テープで貼ってから、
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方4

セロハンテープを貼って押さえておく。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方5

④表側には、下のように両面テープを貼っておく。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方6

⑤クリップを130~135°に開き(3本とも)、
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方7
牛乳パックの台紙の裏側にテープで付ける。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方8

⑥ストローで各音の管を作る。
ストローの長さは、次のとおり。
ド…8.2㎝   レ…7.3㎝   ミ…6.5㎝   ファ…6.1㎝   
ソ…5.4㎝   ラ…4.8㎝  シ…4.2㎝   高いド…3.8㎝


まず、音の長さの印を付けて、それより1.5㎝くらい長いところで、ストローを斜めに切る
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方9
切り口の部分を平たくつぶして、印を付けたところで折り曲げて、
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方10ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方11
テープでとめる。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方12

同様にして1オクターブ8本を作る。
(大変なら、ド~ラの6本作れば、きらきら星やかえるの合唱が演奏できる。)

⑦ストローの残りの部分から、吹き口(唄口ガイド)となるストローを8本切り取る。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方13

⑧台紙の両面テープの剥離紙をはがして、5㎜の印の所に音のストローを貼り、それに息がまっすぐ入るような位置に吹き口のストローを貼っていく。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方14
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方15
吹き口のストローは、息が出る出口の部分を真上から楕円形につぶして、つぶしぐせを付けておく。








ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方16⑨割りばしの先から3㎝のところを切り取り(割りばしは、ハサミ等で傷をつけてから手で折ってネ)、
残りのストローから2㎝のストローを切り取り、
台紙の端に貼る。





ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方17⑩先を切った割りばしを割って、吹き口のストローを挟んで、輪ゴムでとめる。








ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) 作り方18割りばしが取れないように裏の割りばしをテープでとめる。







⑪ストローがはずれないように、テープ等で固定したら、できあがり。
ストローのパンフルート(唄口ガイド付き) できあがり
*音が上手く鳴らないときは、クリップの角度や息の出口のつぶし方を微調整する。
また、音高によって息の入れ方を変える。高い音の方が強い息が必要な場合が多い。

では、演奏してみよう!
♪【ストローのパンフルート(唄口ガイド付き)】の音♪

もう2学期が始まっているところも多いようですが、まだの人! 夏休みの工作に作ってみてください。


  1. 2017/08/26(土) 16:52:12|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)

ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)できあがりストローと牛乳パックで作るスライドホイッスルです。
2月に載せたストローの笛(牛乳パック利用型)にスライド棒を突っ込んだだけです。
簡単に音は出ると思いますが、力の加減が上手くいかない子どもが吹くと壊れやすいかも。
壊れても材料費はわずかだし、簡単に作れるので、何回も作って遊んでほしいな!



【材料】
・牛乳パック・・・3㎝×10㎝
・クリップ・・・1本
・Ф6㎜のストロー・・・2本
・隙間テープ・・・2㎝くらい

【作り方】
牛乳パックにクリップを取り付けるところまでは、
ストローの笛(牛乳パック利用型)と同じ。

1本のストローから、10㎝くらいの長さで斜めに切ったものと、4~5㎝に切ったものを作る。
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方1

もう1本のストローを15㎝くらいの長さに切り、ハサミで縦に裂く。
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方2

隙間テープを2㎝ほど切り取り、端から巻いて、
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方3ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方4

セロハンテープを載せて、かぶせるように貼って、
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方5ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方6

裂いたストローの端に入れる。
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方7ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方8

隙間テープのスポンジを縮めながらストローを細くして、10㎝に切ったストローの斜めの切り口から、差し込む。
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方9


10㎝のストローの上部から中に入れたストローが出ないように、ビニールテープを巻く(矢印部分)。
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方10

両面テープで、ストローを下のように取り付け、
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)作り方11
吹き口の出口の部分を少しつぶして、吹いてみて音が鳴ったらビニールテープ等で固定。この辺りもストローの笛(牛乳パック利用型)と同じです!
ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)できあがり

吹き口の方のテープは、つぶした楕円の形が元に戻らないようにきつめに、(でも、ペッタンコにならないようにネ!)

本体の方は、ストローをつぶさないように、
固定してくださいね。

では、音をきいてみてください。
♪【ストローのスライドホイッスル(牛乳パック利用型)の音】♪

笛の下の方を持って、スライド棒の位置を気にかけておかないと、スライド棒を引き抜いてしまうので気を付けて!

鳴らなくなった時は、たいてい吹き口の角度が変わってストローに息が上手く当たらなくなっています。子どもは唾が多いので、テープの粘着力が弱ってきます。水分をふき取って、台紙をやりかえるしかない場合もあり‼です。


  1. 2017/07/14(金) 11:58:21|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストローの笛(牛乳パック利用型)

ストローの笛(牛乳パック利用型)誰でも簡単に鳴らせる、ストローの笛です!
然るべき時に発表しようと、出し惜しんでいたのですが、そんな機会が来る前に、埋もれてしまうのはもったいない!
自画自賛の究極のストロー笛です!
と、ここまで言って、うまくできなかったら、ゴメンナサイですが、まあ、試しに作ってみてください。



ストローの笛(牛乳パック利用型)
  1. 2017/02/24(金) 11:41:09|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストローのホイッスル(クリップ使用型)

ストローのホイッスルこのタイプの、ストローで作るホイッスルは、10年くらい前から作っているものです。
今回紹介する作り方は、クリップの使い方を5~6年前に改良したものです。
(慣れるまではクリップの使い方が分かりにくいかも知れません・・・)


ストローのホイッスル(クリップ使用型)
  1. 2016/10/06(木) 12:01:05|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新・ストローホイッスルでパンフルート

最新・ストローパンフルート先日紹介した、ストロー1本で作るホイッスルで、パンフルートを作りました。
これなら、息を吹き込めば、だれでも音が出せて簡単なメロディーが吹けるはず・・・




最新・ストローホイッスルでパンフルート
  1. 2015/10/21(水) 18:04:55|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロー1本で作るホイッスル

ストロー・ホイッスルストローの口を斜めにカットした新・ストローパンパイプを作った時に、誰でも簡単に音を出せるようにするには、やっぱり吹き口を付けないと・・・と考えて、できた笛です。
ハサミとセロハンテープがあれば、すぐにできます。
ただ、細かい作業なので、手元が狂って切りすぎたり、反対に切り込みが足らなかったり、上手くいかないことも多いので、ストローは多めに準備しておいた方がよいかも・・・です。

ストロー1本で作るホイッスル
  1. 2015/10/09(金) 19:19:13|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新・ストローパンパイプ

新・ストローパンパイプストローで作るパンパイプ(パンフルート)は、比較的簡単に作れますが、あの細い管に息を入れて音を出し、曲を演奏するのはとても難しい!
でも、ふと思いついて、吹き口をななめにカットしてみたら、少~し音が出しやすくなりました。
これならいけるかも、と、直径6㎜の太さのストローで作って、ちょっと練習したら、メロディーが吹けたので、紹介します!

新・ストローパンパイプ
  1. 2015/03/19(木) 12:46:19|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤクルト型容器のパンパイプ

ヤクルト型容器のパンパイプ水を入れて音を変える「ラムネパンパイプ」(リサイクル楽器展示室Ⅰ参照)は、やわらかい音がしてよいのですが、水が入るので、重いし、演奏前の準備が大変です。
そこで、軽くて持ち運びの便利なヤクルト型容器でパンパイプを作りました。

ヤクルト型容器のパンパイプ
  1. 2014/06/26(木) 11:58:03|
  2. 吹く楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ